ハナミズキの剪定|川崎市の植木屋

弊社の庭師、加賀見です。

現場の番頭として日々活躍しております。


お得意様は既にご存知かと思いますが、

スピード、丁寧な剪定、仕上りクオリティーのこだわりは、つくだ庭園の技術そのものです。


私つくだ自身、彼の判断を信じ、現場で指示をもらって動く事も多いです。

藍染めの鯉口、手首には小ハゼの手甲。

富士姿の乗馬ズボン。

ふくらはぎには藍染め脚絆。

そしてきねやの地下足袋。


庭師の正装です。


気合いが違います。



庭師加賀見は道具にも手を抜きません。

名工の鋏を使い、最高の道具で仕事に挑みます。(興味のある方はどうぞ見せてもらって下さい!)

私は道具の使い方がいつも荒いので絶対に貸してもらえません!


という事で、今回は職人の自慢でした。笑


川崎市の高津区や宮前区、多摩区の植木屋はつくだ庭園へご相談下さい!

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ